EC-CUBEをローカル環境「MAMP」にインストールしてテスト環境を作る

ec-cube-thumbnail 技術


近々ECサイトをオープンしたいと考えているので、そのデモサイトをローカル環境に作れないかなと思い、自分のPCのローカル環境(MAMP)でEC-CUBEの環境を作る事にしました。

その手順を紹介します。

EC-CUBEのダウンロード

まずはEC-CUBEをダウンロードします。

EC-CUBEのトップページを少しスクロールしていくと黄色いボタンが見つかるのでそちらをクリック。

 

遷移先にダウンロード用のボタンがあるのでそちらをクリック。

最近「クラウド版」というものも出たようですが、今回はローカル環境に構築するので割愛します。

バージョンなどのこだわりがある場合は下の「各バージョンをダウンロード」をクリック。

今回は最新版での環境構築なので割愛します。

ダウンロードが開始されます。

 

ドキュメントルートに入れる

次はダウンロードしたものをサーバー上にアップしなければなりません。

今回はMAMPに環境構築するのでMAMP配下の「htdocs」ディレクトリに配置します。

 

今回はhtdocsのなかに「ecsite」というディレクトリを作成します。

この「ecsite」ディレクトリのなかにダウンロードして展開したEC-CUBEのディレクトリの中身をごっそりとコピペします。

「ecsite」の中身はこんな感じになると思います。

EC-CUBEのインストール

次はEC-CUBEをインストールします。

ただダウンロードしてサーバーにアップするだけではまだ動かせないのでここで「インストール」しなければなりません。

まずはMAMPでサーバーを動かします。

そしてブラウザで「http://localhost:自分のサーバーのポート番号/ecsite」にアクセスします。

すると、「ようこそ」という表示が。

ここで、もう始められそうだとちょっとワクワクしてきますね。

最初は「次に進む」ボタンで次に進みます。

すると「サイトの設定」画面に到着します。

全て自分の思うままに入力してOKです。

「管理画面ログインID」「管理画面パスワード」はEC-CUBEのログインに使用するので控えておくか、覚えておきましょう。

 

データベースの設定

「サイトの設定」の次に「データベースの設定」というのがあります。

そこでデータベースの情報が必要になるので、先にデータベースを構築する必要があります。

まずはMAMPを開いて「Open WebStart Page」をクリック

するとブラウザでMAMPのページが開くので「MySQL」の欄にある「phpMyAdmin」をクリック

phpMyAdminは少し小さくて分かりづらいです…

するとphpMyAdminページに遷移するので、ここでデータベースを構築します。

まずは「Databases」タブをクリックします。

そこで「Create database」の入力欄に任意のデータベース名を入力します。

今回はデータベース名を「test_db」としています。

隣のリストボックスでは「utf8_general_ci」を選択するのが無難でしょう。

次にデータベースを操作する「ユーザー」をここで作成します。

まずは「Privileges」タブをクリックします。

そのあと「Add user account」をクリック。

 

するとユーザー名とパスワードを追加することができるので任意の値を入力します。

ここで設定した値も後ほど使用するので控えておくか、覚えておきましょう。

下の「Global privileges」は「Check all」を選択すると無難です。

そして完了します。右下に小さく「Go」ボタンがあるのでそこをクリックで完了です。

そして、途中だったEC-CUBEの設定画面に戻ります。

「データベースの設定」画面では先ほど構築したデータベース情報と、設定したユーザー情報を入力します。

「次へ進む」を押して少し待つと次の画面に切り替わります。

インストールが完了しました!とのことです。

そのまま管理画面を開いちゃましょう。

 

インストール完了!

「管理画面を表示」を押すと管理画面のログイン画面に切り替わります。

ここで「サイトの設定」画面で入力して控えておいた「管理画面ログインID」と「管理画面パスワード」を入力します。

管理画面に入れました!

これで完了です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました