これ一つでなんでもできる。万能調味料「なんでもごたれ」が便利すぎて料理が楽に。

よかったモノ


僕は彼女と同棲しているとはいえ、毎日の料理は僕が担当している。
しかし料理は楽しい。
いつも「おいしい」といって喜んで食べてくれる存在がいるからだ。 この一言は僕にとってとても嬉しいことだ。
しかし、一つだけ許してほしいことがある。
それは、いつも作っているものは「手抜き料理」だからだ。 「手抜き料理」でも「普通に美味しい」ものが「簡単に」作れてしまう。 その理由が「なんでもごたれ」には隠されている。
トキワ なんでもごたれ 1L
created by Rinker

もくじ

  • 「なんでもごたれ」との出会い。
  • 使い勝手は最高だが…
  • そもそも料理を「毎日」する必要はないのでは?
  • まとめ

「なんでもごたれ」との出会い。

大学生の頃から5年間、自炊をしてきて思ったことなのだが、「丹精を込めた料理」、「愛情のこもった料理」を毎日のように作るのはとてもキツいことだ。
少し高級な食材を使おうとすればお金が持たないし、かといってレパートリーが少ないのもなんだかなあと思ってしまう。
調味料を調合するのも面倒だ、砂糖、醤油、みりんを混ぜようとすると、砂糖はうまく溶けない。
さらに量を間違えるととんでもなくしょっぱくなったり、甘すぎたりする。
また、料理に使おうとしている調味料がないなんてこともよくあり、それによって料理をする気が失せてしまうのだ。
調味料の調合、味つけの失敗、そもそも必要なものがない。これらが毎日続くと相当な精神ダメージになり、料理を楽しもうなんて気なんて起きなくなる。 大学2年次の頃の僕がまさにそうだ。
1年次の最初の方に料理に対して張り切りすぎたために、それを毎日維持することに疲れを感じてしまい、料理をしなくなった。
そんな時に母から一つの仕送りが送られてきた。
お米、数々のお菓子、祖父母からのお小遣い。
その中に一つ、見慣れないものが入っていた。 それが「なんでもごたれ」だ。 初めて使用した時は感動した。
僕の得意料理の「豚の生姜焼き」がこれ一本と生姜だけでできてしまうのだ。
今までの「面倒な調合」がもう必要なくなったのだ。
肉を焼いて、生姜チューブを入れ、この「なんでもごたれ」を目分量で適当に流し込む。
ちょっと煮立てれば、一品完成。
これで料理に対するハードルが格段に下がった。すごい。 砂糖、醤油、みりん、清酒など、基本的な調味料が入っているので、いわゆる「甘じょっぱい」料理全般に対応できる。

使い勝手は最高だが…

「なんでもごたれ」はとても便利なのだが、やっぱりこれだけだと毎日の味付けが一辺倒になってしまう。 別の調味料と混ぜ合わせて使用することも可能だ。
豚肉に片栗粉をまぶし、「なんでもごたれ」に「酢」と「ケチャップ」を加えて角煮を作ることもできる。 だからと言って何かと混ぜて使ったり、他の調味料同士を調合して作るのも面倒くさい。
これじゃ、チャーハンやスープも作れない。 それならば、一旦「なんでもごたれ」から目を離して、「味覇(ウェイパー)」を使ってしまうのもいい。 「味覇」はみんなもご存知な通り、「手抜き料理」のための調味料の王道だ。
チャーハン、中華風スープ、塩ラーメンまでも作れてしまうスグレモノだ。
味覇(ウェイパァー) 缶(500g)
created by Rinker

そもそも料理を「毎日」する必要はないのでは?

こんなに「面倒だ」という言葉を連呼しているので、「自分はそもそも料理を毎日する必要がないのではないか」という結論に至ってしまった。
かといって外食やコンビニ食は食費が嵩む上、栄養に偏りができがちだ。 そんな時に思いついたのが、「つくりおき」だ。
「なんでもごたれ」は「つくりおき料理」にも対応している。
あらかじめタッパーを用意してそれに料理を詰めておいて食事の際にレンジで温めて食べる。
作り置き飯の一つ「きんぴらごぼう」。調味料は「なんでもごたれ」のみ。
作るときに楽になるのに、食べる時も楽なのは、嬉しい。
これが本当の「ズボラ飯」。
ちなみに僕のつくりおき飯のバイブルはnozomiさん著『つくおき〜週末まとめて作り置きレシピ〜』だ。
つくりおき飯のバイブル『つくおき〜週末まとめて作り置きレシピ〜』
この本ではたくさんの種類の調味料が使われているが、「砂糖」、「醤油」ときたら、「なんでもごたれ」を使い、中華風のものには「味覇」を使う。 これで十分なのだ。
週末に作り置き料理を約半週間分(約3日)作っておき、食べたい時にあるものを食べる。
もう、最高だ。冷蔵庫がタッパーだらけにはなるが、本当に面倒な作業から解放される。 あれ、料理は「好き」だったはず…。
つくおき 週末まとめて作り置きレシピ (KOBUNSHA・美人時間ブック) [ nozomi ]
created by Rinker

まとめ

「なんでもごたれ」で料理が格段に楽になった。 これだけではカバーできない部分があるので、
「酢」「味覇」「味噌」「マヨネーズ」「ケチャップ」「その他スパイス」などはちゃんと用意してある。 本当に面倒な時は万能調味料に任せて、ちょっと頑張りたい時には他の調味料を使うといったやり方が僕には合っているようだ。 また、作り置き料理にも手を出すことで毎日の手間を省く。
「楽をするための作り置き料理」を万能調味料で「楽をして調理」する。
もう、「楽」でしかない。 これからも料理を楽しもう。
【ポイント3倍】イノマタ化学 電子レンジ容器 かしこいパック 角型 9個セット ピンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました