素朴なのに面白い。プレートスイーツ【歩粉(hoco)】

hoco Kyoto Brew


こんにちは。いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回紹介するのは大徳寺からすぐ近く、北山通と北大路通の間にある「歩粉(ほこ)」です。
2018年10月に京都でオープンした新しいカフェです。

hoco

お店の名前が「歩粉」とちょっと変わった名前だな。と思いましたが、名前の由来は、

『粉や素材達が形を変えておいしいものにかわり、食べた人の気持ちも、まあるく前を向いて歩いて行けたらいいな、という気持ちから、『歩粉』(hoco)と名付けました。』
歩粉公式サイトより

とのこと。めちゃくちゃいいコンセプトです。
優しさを感じます。

外観は赤と白。
童話に出てくる小さなお家みたいでかわいいです。

hoco

中に入ると真ん中に4人くらいが座れるテーブルと、壁沿いのカウンター席が数席ありました。

混雑はしておらず、落ち着いた店内。

今回は二人でデザートフルセット、紅茶1ポット(2,600円)とコーヒー(600円)を注文。
デザートフルセットは二つのプレートに3つずつ。
一皿ずつ出していくスタイルでした。

まずは一皿目。

スコーン、豆乳くずもち、エッグクラッカーサンドとちょっと変わった組み合わせ。

hoco

スコーンは素朴なお味。
生クリームやりんごのコンポート、はちみつをつけて楽しみました。

くずもちは杏のコンポートとともにいただきました。
こんな食べ方があるのかと驚愕しました。

エッグクラッカーサンドは少し塩気のあるお味。
卵とクラッカーに、ピクルスの塩気がアクセントに。

三つとも美味しく、楽しくいただけました。

そして二皿目。

二皿目は季節によってメニューが変わるそうです。
だからメニューも手書き。

今回は、チョコとラズベリーのコブラー、シフォンケーキ、プリンとりんごのコンポート。

hoco


チョコとラズベリーのコブラーは口どけまろやか。ラズベリーの酸味が意外と合います。
シフォンケーキはほんのりとした甘さ。甘すぎず、食べやすいものでした。
そして意外な変わり者だったのがプリンです。
中にスパイスが入っており、面白い味がしました。
途中で溶かしキャラメルをかけて二度楽しむのがいいらしいです。

二皿目も面白かったです。

素朴なようで、ちょっと面白い。
色々なものをちょっとずつ食べるのは楽しい。

また行きたくなるようなお店でした。

【歩粉】
住所:〒603-8206 京都府京都市北区紫竹西南町18番地
電話番号:075-495-7305
営業時間:10:00~18:00
定休日:月・火・水曜日
Googleマップ



タイトルとURLをコピーしました