始め方は?簡単?京都で「Uber Eats」配達パートナーを始める方法

よかったコト


最近、お小遣い稼ぎに「Uber Eats」の配達パートナーを始めた。
「Uber Eats」自体は2018年7月25日に京都に進出しており、街中でも大きな箱型のバッグを背負ったクロスバイクに乗った人たちをよく見かけるようになった。 そんな中で、彼らがどのような働きかたをして、給料を得ているのかについて気になり、実際に始めてみることにした。 今回は「Uber Eatsのはじめかた」について紹介したい。
  • Uber Eatsのはじめかた
    • 1.オンラインでの登録
    • 2.パートナーセンターでの登録

はじめかた

Uber Eatsを始めるにあたって、まずは「登録」が必要になる。
とはいえ、とても簡単なものなのでここで紹介する。
主に
  • オンラインで登録
  • パートナーセンターで登録
のみだ。これだけでで始めることができる。

1.オンラインでの登録

Uber Eatsを始めるにあたって、まずはWeb登録が必要になる。
まずはPC、スマホで個人情報登録を行う。
入力項目の例
ここではメールアドレスと名前、電話番号、パスワード、都市を入力するだけでOK。
「招待コード」に関しては招待を受けていれば入力。 入力が完了するとメールが届く。
オンライン登録完了で届くメール
メールの内容は、「確認書類を持ってパートナーセンターに来てください」とのこと。
必要なものは以下だ。
  • 写真付き身分証明書
  • 銀行口座番号のわかるもの
  • 顔がはっきりわかるスナップ写真
もし、「原付バイク」などで配達の登録する場合は
  • 運転免許証
  • 自賠責保険証書
  • ナンバープレートの写真
が必要だ。 これらをパートナーセンターに持って行って登録してもらうのもありだが、
これらの書類を事前にWeb上でアップロードすることもできる。そうすれば、パートナーセンターでの登録作業がかなり捗る。 オンラインでうまく登録ができていない場合もあるので、一応必要とされている書類はパートナーセンターへ持って行こう。

2.パートナーセンターでの登録

オンライン登録が終わったら、近くの「パートナーセンター」へ行かなければならない。
京都駅から徒歩約7〜8分の距離にある。梅小路公園のすぐ近くにある。
パートナーセンターの入り口だ。この建物の二階にある。
パートナーセンターですることは
  • 登録内容の確認
  • アプリの使い方の説明
  • 配達パートナーの注意点など
  • アカウントの有効化
  • 配達バッグの受領
だ。マンツーマンでお那覇市してくださるので、説明を聞きながら途中で質問することもできる。
わからないことがあればここで聞いておこう。 30分ほどお話をして、アカウントを有効化して配達バッグを受け取ったその瞬間から配達を開始できる
これはびっくりした。登録があまりにも簡単すぎる。
パートナーセンターを出て、そのまま配達を始めてしまおうかと思ったくらいである。 京都のパートナーセンターは週に金土日の3日間しかやっていないので注意が必要だ。
もしご興味・ご相談があれば僕のTwitterアカウント(@hirokingIto)へDMにてご連絡くださいませ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました