「僕のスキンケア」間違いない夜のメンズスキンケア方法

メンズスキンケア よかったコト
僕はスキンケアを毎日欠かさずやっている。
「スキンケア」とは言っても、そんなに「入念」にやってはいない。
お風呂に入ってからお風呂上がりに、ぱぱっと簡単に済ませている。 久しぶりにあった人から「肌綺麗になった?」と聞かれるほどに肌は綺麗になっている。
もともと肌が荒れていたこともあって、そのイメージがついていたのかもしれない。
それでも過去よりも肌が綺麗になっていることは間違いない。 きちんと自分に合うものを使用して、ステップを踏んで習慣化させておけば肌が綺麗になることは間違いない。
その方法、手順をご紹介します。

入浴中

入浴中のスキンケアは重要だ。汚れをしっかりと取り、パックで保湿。
パックはしなくても良いが、すると「より良く」なる。 入浴中のスキンケアを紹介したい。

Step1:洗顔

洗顔の方法は、「泡立てネット」を使用してしっかりと泡立てて洗顔をしている。
泡をしっかり立てることで、「肌へのダメージ」を防ぐことができる。 僕は以前、手のひらで擦るように泡を立て、肌に塗りつけるように洗顔していた。
この場合泡立ちが少なく、あまり泡立っていない洗顔はベタつくので、落とす際に擦り落とす必要がある。
物理的に肌を擦っているので、それがそのままダメージになる。 また、石鹸は「泡立てることを前提」としているので、泡だてない場合には「強めの酸性」になっている。
これが肌に対しての刺激となってしまう。
水に混ざることで、「弱酸性」になり、肌に合うようになる。 以上を踏まえて、僕は洗顔をする際には
泡立てネットでしっかりと泡を立て、泡を優しく肌に乗せるように洗顔をすることにしている。
泡を落とす時にも顔に直接シャワーをかけるのではなく、手で掬った水で優しくを落とす。
そうすることで「肌へのダメージ」を軽減させることができる。
ダメージの軽減は肌を綺麗にする際の前提条件。注意をしながら洗顔をしよう。 今使っているのが「いつかの石鹸」だ。

Step2:マスク・パック

これは省いてもいい工程ではある。
しかし、洗顔した後の肌は急激に乾燥する
お風呂に入っていたとしてもだ。
そして乾燥は直接肌へのダメージになる。 その乾燥を防ぐのが、「パック」だ。
「パック」とはいえ、顔に乗せる「シート式のマスクタイプ」のものではなく、「顔に塗るタイプ」のパックだ。 僕が使用しているのは「SKINFOOD Rice Mask」だ。
細かいスクラブが入っているので、肌を優しく擦ることで角質や、毛穴汚れを取ることができる。
これを塗って5分ほど経って優しく洗い流す。
これがまたスッキリして気持ちがいい。 お風呂に入った際には、先に洗顔をして、パックを顔に塗り、体などを洗い、パックを流す。
浴槽に浸かる際に塗っておけば待つ必要がなくなる。

お風呂上がり

お風呂上がりは「スピード」が命だ。
なぜなら、お風呂上がりは洗顔後と同じように肌が急激に乾燥する
そこで、登場するのが「化粧水」だ。

Step3:化粧水


お風呂上がりの化粧水は「必ず」と言っていいほどすべきことだ。
お風呂上がりには肌が乾燥しやすい。
乾燥自体が肌にはよくないことだ。 化粧水はお風呂から出てすぐにすべきだ。
化粧水をすることで「保湿」し、角質を柔らかくしてくれる。 化粧水をコットンに十分にかけ、優しく肌をふき取る。
手にのせてつけてもいいが、量が少ない場合、手が化粧水を吸ってしまうものもあるので、注意が必要だ。 以前はここまでで終了していたが、空気が乾燥した季節になると化粧水をつけただけでは肌が突っ張ってしまう。 そこで化粧水をした後に必ず「スキンケアクリーム」で保湿するようになった。 関連記事はこちら↓ LUSHの拭き取り化粧水「TEA TREE WATER」を使ってわかったコト

Step4:美容液

この工程もパック同様、省いても良い。
しかし、ニキビができたり、シミになってしまいそうな部分があれば絶対に外せない。 洗顔と化粧水だけでもニキビ予防にはなるが、美容液をすることで決定的に肌トラブルが改善されることが多い。
なぜなら美容液は肌トラブルに「特化」しているからだ。
それぞれの肌の悩みにあったものを使用することで、それらを改善することができる。 関連記事はこちら↓ ニキビには「ビタミン誘導体」が効果的。美容液『メラノCC』のいいトコロ

Step5:スキンケアクリーム

化粧水をした後にするのが「クリームを塗る」ことだ。
美容液をする際には、美容液を使った後にクリームを塗る。 スキンケアクリームは、いわゆる「蓋」の役割をしてくれる。
化粧水、美容液を塗った後に、それらの効果を保持するとともに、保湿をしてくれるので一石二鳥だ。
少し時間が経って、肌がもちもちしてくるので、保湿されていることが実感できる。 関連記事はこちら↓ 自分にはこれしかないと思わせてくれたスキンケアクリーム『NIVEA Soft』を使ってみてわかったコト

まとめ

もし面倒であれば、 洗顔 → 化粧水 → クリーム 肌が気になる、もしくはもっと肌を綺麗にしたいというのであれば、 洗顔 → パック → 化粧水 → 美容液 → クリーム この方法で間違いない。 やはり肌は汚いよりも綺麗な方が良い。
清潔な男性はモテるそうなので、要実践だ。 このステップを継続していくうちに肌のトラブルが少なくなることは間違いない。
ただ、スキンケアには「合う合わない」があるので少しずつ使って肌に合うかどうか試すことが大事だ。
自分にあった化粧品を使用することが肌を綺麗にする近道だ。 何もせずに綺麗な肌になれたらいいのになあ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました